トップページへ戻る

24時間ネット受付

粉瘤(アテローム)Atheroma

粉瘤治療をご希望の方に

粉瘤(アテローム)

概要

粉瘤とは、良性の皮膚腫瘍の一種です。
何らかの原因で、皮膚の内部で一部の皮膚が袋状になり、そこに垢や皮脂が溜まっていく状態です。
初期症状では皮膚表面にごく小さなしこりが現れる程度ですが、
悪化するにしたがって徐々に大きな袋状へと変化します。
細菌感染を起こすと痛みや赤み、熱感が生じるため、排膿処置が必要な場合もあります。
患者様ご自身は「脂肪の塊」として認識されている場合が多いですが、実際には脂肪の塊とは別物です。

治療方法

感染を起こして炎症が強い場合(赤く腫れていたい場合)、排膿処置を行います。
処置後はしばらく通院が必要となります。
粉瘤は皮膚内部に袋がある状態ですので、この袋が残っていると再発する可能性も残すことになります。
つまり、根治のためには袋を全て取り出す手術を行う必要があります。
当院では患者様への負担を軽減し、なるべく早く、
またなるべく傷跡が目立たないように配慮して手術を行っております。

手術の流れ

1.
マーキング
2.
局所麻酔の注射
3.
メスで粉瘤の中心に穴をあけます
4.
内容物を押し出し、
粉瘤の被膜(袋)を取り出す
5.
取り残しがないことをよく確認して、洗浄します
6.
縫合、またはそのまま開放創とし、ガーゼで覆い手術終了
看護師より、ご自宅での注意点などをご説明いたします

※当治療方法・通院期間・治療費用は、粉瘤の部位や大きさや診察時の状態によって変動します。
 詳しくは診察時にお尋ねください。

Q & A

  • Q.保険は適応されますか?

    A.粉瘤の治療にあたっては、診察・診断・検査・手術すべてに保険が適応されます。

  • Q.痛くないので、ほうっておいてもいいですか?

    A.粉瘤は良性の腫瘍ではあるものの、「ほうっておいてもいい」ものではありません。
    粉瘤は自然治癒することはなく、いつ炎症が起こるかわかりません。
    また、手術以外に完治もありません。気づいたら早めに診察を受けましょう。

このページのトップへ戻る

サイトマップ
a