トップページへ戻る

24時間ネット受付

デュピクセント®(アトピー性皮膚炎の治療薬)

アトピー性皮膚炎の新しい治療薬

デュピクセント®

概要

新しい治療薬、デュピクセント®とは

デュピクセント®とは、注射薬によるアトピー性皮膚炎の新しい治療です。これまでの一般的なステロイド外用薬で効果が不十分だった中等症以上のアトピー性皮膚炎の症状の改善に効果が期待できます。(ステロイド外用薬との併用療法)

期待される効果

デュピクセント®は、「IL-4」と「IL-13」という物質(サイトカイン※)の働きを直接抑えることで、皮膚の2型炎症反応(Th2細胞による炎症)を抑制する新しいタイプの治療薬です。アトピー性皮膚炎の皮膚の内部に起きている炎症反応を抑えることによって、かゆみなどの症状や、皮疹などの皮膚症状を改善します。まずはお気軽にご相談ください。
※体内の細胞同士の情報伝達を行うタンパク質。

詳しくはデュピクセントに関する情報サイトにてわかりやすく解説しています。

アトピー性皮膚炎の治療薬デュピクセント®の情報サイト

このページのトップへ戻る

サイトマップ