トップページへ戻る

24時間ネット受付

イボ(脂漏性角化症)Seborrheic Ketatosis

イボでお悩みの方へ

イボ(脂漏性角化症)

概要

イボには様々なタイプがあり、お顔に多いのは脂漏性角化症です。
脂漏性角化症は、良性の皮膚腫瘍の一種です。
一般的に「老人性イボ」と呼ばれることもあり、気にされる方のとても多いイボです。
このイボはウイルスではなく、紫外線などによる肌老化が原因と考えられていて、角質が厚くなって膨らんだ状態です。
顔にも身体にもできる可能性があり、年齢とともに徐々に数や大きさが増していきます。
基本的には視診にて診断が可能ですが、大きさや性状によっては病理検査を行うこともあります。

治療方法

当院では、局所麻酔の注射を行ったうえで、炭酸ガスレーザーで浅く削る治療を行っています。
治療後は基本的に、1週間程度、ご自宅でのテープの付け替えが必要です。
(個人差がありますので、治療後に詳しくご説明します)
また、基本的に予約なしで診察当日に治療可能です。

Q & A

  • Q.治療に痛みはありますか?

    A.局所麻酔の注射時にチクッとした痛みがありますが、麻酔が効いた後の処置では痛みはありません。
    また、麻酔がきれた後も痛みが残るということはありません。
    麻酔の痛みが心配な方は極細針(オプション1,000円)もご準備しております。

  • Q.来院は何回必要ですか?

    A.診察と同日に治療を行った場合は、1週間後と2週間後にご来院いただきますので合計3回程度になります。
    (治療後の肌状態により、多少前後します)

  • Q.費用はどのくらいかかりますか?

    A.費用は個数や大きさ、治療方法により異なりますので、診察時にお尋ねください。
    (治療方法やレーザー照射の範囲は医師の診断結果により決定します)

このページのトップへ戻る

サイトマップ